株式会社未来設計が運営する「未来邸 日本橋」ってどんなとこ?

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

未来邸日本橋のサイト画像

【施設名】

介護付き有料老人ホーム「未来邸 日本橋」

http://www.miraiclub.jp/mt/mt_nihonbashi_1.html

 

「食事が美味しい」という評判の施設だそうで、見てみました。老人ホームの食事というと味付けは薄めで、見た目も味気ないということが少なくありませんが、ここの食事は味・見た目ともに定食屋かと見紛うような出来具合だそうです。ホームに住む人にとっては、食事は1つの楽しみとなりえます。特にグルメな人には嬉しい施設が、未来邸だと言えるでしょう。

 

【基本情報】

住所:首都圏を中心に30箇所程度を展開

東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー33F

社員数:-

これまではニチイ学館やベネッセ、和民など、なんとなく知っている会社が運営している施設でしたが、今回のこの未来設計さんという会社は全く初めて見かけます。。事業自体も他業種からというわけではなく、介護系の事業に特化をしている会社のようです。

それでも、施設数は全国で30くらいとかなり手広く展開をしています。介護業界ではわりに有名な会社なのでしょうか。当たり前だとは思いますが、まだまだ知らない会社というのは本当にたくさんだなあという思いです。創業は2000年で、全国で30近い施設を運営しています。

経営理念

3K1Y

感謝、感動、感激、喜び

キーワードとして短くまとまっていていいなと思います。ただ、これは介護施設に限った話ではありませんが、こうしたスローガンというのは掲げるのはいいものの、いかに普段の行動に落とし込めるかが重要です。ですから、どれだけ美辞麗句を詠おうとも、それが実際にどれだけ実践されているかは、現場を見なければわかりません。

職員のお給料

未経験:20万円

経験3年程度:22万円

経験5年以上:24万円

スタッフ給与の基準が大幅にアップしたそうです。ただ、それでも上記金額となると、けっこう厳しい気はします。例えば、大学をでて5年間働いたのに、毎月24万円となると、もちろんボーナスとか、残業代とかによるところもあるかもしれませんが、一般的な業界と比較をすれば、ちょっと少ないなということにはなるかと思います。

介護職員の給料については、下記の記事でもご紹介をしています。ぜひあわせてご覧ください。

2015年度の介護職賃上げで人手不足は解消されるのか?

施設の強み・特長

質の高い施設ではあるようです。WEBサイトでは下記の点をアピールしています。

認知症の高齢者への対応

未来邸では、「認知症」の方を積極的に受け入れてくれます。もちろん、多くの施設で受け入れは広がりつつありますが、まだまだ対応できていないところも少なくありません。認知症となると、自宅での介護も簡単ではなく、お悩みの方にとっては嬉しいサービスとなるでしょう。

認知症の基本的な情報については下記の記事にありますので、ぜひご覧ください。

認知症の確認

終末期ケア

「終末期ケア」の方を受けれいてくれるのもありがたいポイントです。認知症と同様に、施設によっては、介護が必要になったり、重病になったりすると、退所を迫られる施設というのは珍しくありません。もちろん、そうしたことが承知のうえで預かってもらっている場合がほとんどだとは思いますが、それが理由で退所が必要になるというのも寂しい思いもあります。未来亭では全国で5つの施設が、こうした終末期ケアに対応しているそうです。

機能回復訓練

最後3つ目は、「機能回復訓練」の充実です。高齢者施設に入ると、少なくない人が自身の将来に悲観的になってしまいます。日々、衰える肉体を見れば、そのような気持ちになってしまうのも仕方のないことかもしれません。しかし、高齢者の方でも筋力トレーニングなどの運動が効果的であるというのは既に実証されていることです。こうした支援を積極的にしてくれる未来邸なら、きっと多くの人が前向きに暮らせるはずです。

上記の3つが、未来邸が自負する施設の強みです。さらに、冒頭で書いた食事に関しては、やはりそれなりにこだわりもあるらしく、上述したように入居者1人ひとりの健康に適した食事を提供してくれたり、管理栄養士による管理も徹底しているそうです。

入居に際しての費用

約1000万〜2000万というところが相場のようです。と思ったのですが、ここも他の施設と同じようにブランドごとにけっこう価格を散らしてくれているので、だいたいの場合は金額的な部分では、特に困ることなく決められそうです。ただ、建物の感じとかを見る限りだと、これまで見たニチイやワタミのような施設よりもちょっと古臭く感じられるような点がマイナスで、これで上記のような金額だとイマイチかなという気もしました。

この辺りの費用感や具体的な内容については、下記記事で紹介しています。参考としてぜひご覧ください。

高齢者施設で必要となる費用

 

【特記事項】

これと言うほど大したものはなかったのですが、ただ、「苦情相談」という窓口を明確に世知している点については非常に好感を持ちました。ある程度自信がないと言えないことだとは思いますし、また、業務時間をクレーム処理に割くということは楽ではありません。それでも、やっているという点、企業の姿勢というような部分は素晴らしいなと思います。

また、こうした苦情を防ぐためにはトラブルを防ぐための取り組みが重要です。下記の記事でトラブル防止のヒントをご紹介しています。

介護現場での事故を未然に防ぐための見守りポイント

ヒヤリハットのデータ分析で危険な事故を予測する

ブログ等SNS

なし

Webサイトについて

Webサイトはちょっと情報が少なく、正直Webだけで判断することはできない程度のものしかありません。せっかく食事も美味しいらしいのですが、そういったアピール要素もなく、もし本当に美味しいのであれば、ちょっとWebサイトで損をしてしまっているのかなと思います。

ただ、従来だとそもそもWebサイトで有料老人ホームを選ぶ人というのは多くはなさそうですから、もしかしたらこれまでも多くの機会損失というのはなかったのかもしれません。ただ、今後ナチュラルにWeb、ネットに親しんできた世代が老後を迎えてきたら、きっとWebへの対応というのは必須になるのではないかと思います。そういう意味で、これはここに限ったことではないのですが、今後老人ホームにおいてもWeb対応というのは必須になるはずで、そのあたりを期待したいところです。

 

未来邸に入居をするならHOME’S介護がオススメ

以上が未来邸という老人ホームの概要です。未来邸に興味を持った方、それ以外のホームも含めて比較検討をしたい方にオススメなのが、「HOME’S介護」というサイトです。豊富な施設情報と使いやすいサイト設計で、老人ホーム探しには人気のサイトです。2014年には「使いやすいサイトNO.1」にも選ばれています。ぜひ、下記画像より詳細をご覧ください。



 

お読みいただき、ありがとうございました。当サイトでは、未来邸以外にもさまざまな高齢者施設をご紹介しています。また、老人ホームに入居を検討するときの基準など、働く人にも利用者にも役立つ情報を提供しています。下記の関連記事より、気になる記事をぜひご覧になってみてください。

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ