レオパレス21が運営する「あずみ苑」ってどんなとこ?

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

あずみ苑HP画像

【あずみ苑とは】

レオパレス21 介護付き有料老人ホーム「あずみ苑」

ワタミ、ベネッセと来て、今度は「レオパレス」です。レオパレスというとマンスリー賃貸が最も有名だと思いますが、ホテル・リゾートや建設請負、太陽光発電事業なども行っていたりします。介護業界というのは本当に多くの他業種の会社が参入してきていることがよくわかります。レオパレスに限らず多くの企業が参入していますが、特に初期投資が必要ということもあるのだと思いますが、どこも大きな企業ばかりです。

さて、レオパレスの介護施設についてですが、「あずみ苑」という1つのブランドで、全国に60施設くらいを運営しています。地域は下記のように、関東近県となっています。お近くの方は、これから紹介する内容も含めて、ぜひ「あずみ苑」への入居をご検討ください。

  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 茨城県
  • 群馬県
  • 栃木県

また、他にも下記の施設についてもレビューをしています。ぜひ、 あわせてご覧ください。

「未来邸 日本橋」

 

【基本情報】

レオパレス、またあずみ苑の基本的な情報をご紹介します。

会社概要

  • 〒164-8622 東京都中野区本町2丁目54番11号
  • 社員数:5,390名(平成25年3月31日現在)
  • 施設展開:上記のように関東を中心に60箇所程度を展開

他事業含めてですが、「従業員約5000人」ってすごい数ですね。これまであまり考えたことはなかったですが、雇用を生み出すことが最大の社会貢献という言葉も頷けないこともないです。これを見ると。月の給料が平均30万円としたって、毎月15億円、年間180億円が人々に供給されているわけですから。これは本当にすごいことだなと思います。

このあずみ苑は株式会社ですが、こうした高齢者施設は他にもさまざまな運営者がいます。そうした事業主体による違いを知りたい方は、下記の記事をご覧になってみてください。

事業主体による高齢者施設の違い

あずみ苑の経営理念

「格差のない老後へ。」

このコピーはすごくいいなと思います。というのも、やっぱりこれからの日本においては、高齢者の格差というのが今よりずっと顕著になってくるだろうからです。2013年現在で高齢者の方々は多くが、高度経済成長の中で横並びに必死に働いてきた方が多いのでしょうから、例えば年金受給で困るということは決して多くはないと思います。

ただ、今後は国民年金の未払い層や、純粋に年金制度自体がどんどん収支が悪化していることによる受給額の切り下げ等が予想されますので、そうなったときに年金の有無、金額の大小の差が、今よりずっと開くはずです。ですから、いかにそういったお金がない側の高齢者の生活を支援するのかというのが重要なテーマになるのではないかと思っています

そんな中、このコピーはまさしく今の世の中の不安を表していて、また、底に対して立ち向かおうという意志も見られる点が非常に好印象です。そして、実際に施設の料金を見てみても、本当にお安いです。これまで見た中で一番に安い金額だったと思います。本業の状況は必ずしも順風満帆というわけでもないようですが、少なくとも、この介護事業は非常に価値がありそうかなという気はしています。

こうしたコピーはもちろんですし、それ以上にコピーを体現するスタッフさん自身もとても大切です。高齢者施設を選ぶ時には下記のようなポイントを大切にすることがオススメです。

信頼できるスタッフ・職員だから任せられる

雰囲気が良いのは良い施設の証

職員のお給料

未経験:18万円以上

ちょっと安いですね。プラスで各種手当てという表記はあるのですが、具体的に書かれていない点は気になりますし、やはり、18という数字が出てきてしまいますと、それだけでちょっと引いてしまいます。

こうした高齢者施設における賃金の問題については、下記記事でも取り上げていますので、ぜひあわせてご覧ください。

2015年度の介護職賃上げで人手不足は解消されるのか?

提供される介護サービスについて

Webを見る限りですと、偉そうに言えば、信念がなさそう、そんな印象を受けました。それはここだけではなく、他の場所でもほとんどそうなのですが、なんというかただハコモノ、施設を提供しているだけで、それ以前に本来あるはずの理念とか、理想とかいうものがあまり感じられないような気がしました。

もちろん、実際の現場では各介護職員さんが必死で努力をしているのだと思います。ただ、レオパレスのような大きな企業だから仕方ないのかもしれませんが、WEBサイトなどではそれが伝わってこないのが残念です。やはり、介護施設はを選ぶ際には雰囲気や職員の親切さなどは重要な要素になります。それらをWEBを通してもっとアピールできたらなと思うのです

むろん、介護サービスの質というのは施設選びにおいて重要なポイントです。入居を検討されている方は、下記の記事もぜひチェックをしてみてください。

介護サービスの質が高齢者を支える

入居に必要な費用・料金

全般的に見れば、「かなり安い価格帯」に属していると言えます。もちろん、立地や対象者に合わせて、500万円を超えるような高級ホームもありますが、それは少数派でそれよりも、100万円〜300万円くらいの金額帯が一番多いようです。

これまで見た施設ではこの300万円くらいが最低ラインで、ほぼ全てがそれ以上の金額であったことを考えると、お金がない高齢者にとってはかなりありがたい金額なのではないかと思います。この金額だけをとって言えば、先の経営理念にあった「格差のない老後」に一役買っているのではないかと思います。もちろん、料金が全てではなく、サービスも重要なのですが、それでもこの敷居の低さはありがたいところです。

料金に関しては下記記事もご参照ください。

費用・料金は入居を決める大事なポイント

【特記事項】

先ほど、各施設ごとの魅力が伝わらないと書きましたが、「ブログ」があるのがすごくいいなと思います。残念ながらそれだけで、全国の施設の魅力が伝わっているかというと難しいですが、それでもブログがあるだけで施設のナマの声が伝わってきます。

他の企業を見ると、ブログすら設置をされていない介護施設も少なくありません。施設の人の人となりが伝わるというか、介護施設にはもっともっとこういう情報開示的なことが必要なのではないかなと思います

Webサイトについて

総合的に見ればすごく、よさそうな印象でした。あとは、この価格で、どれだけのサービスが提供されているかという点です。気がかりはそこです。

サイトに関してはいわゆるWebサイトという形で取り立てて取り上げられるようなことはなかったのですが、やはりブログの充実度については今までで一番だと思います。ブログの感想もお待ちしておりますなんて書いてあったりもして、ソーシャルにやろうとしているのか、そのあたりの姿勢も伝わってきます。

あ、トップの画像が、今まで見た中ではお洒落を意識している感じです。ありきたりなんていい方をしてしまいましたが、もしかしたら結構デザインは凝っている、力を入れているのかもしれません。トップページの円形のナビゲーションなんて、かなり面白いです。そして確かに見やすいです。

 

【入居を検討するなら】

あずみ苑への入居を検討するなら、下記のサイト「HOME’S介護」がオススメです。上述してきたようにあずみ苑は低価格で質の良い介護サービスを体験できますが、価格や立地、スタッフの質など、他の介護施設とも十分に検討する必要があります

特に実際の施設の雰囲気というのは、体験入居をしなければ分からない面もあります。時間に余裕がないという方も、下記のサイトより「資料請求」するなどして、ぜひ「体験入居」をすることをオススメします。もちろん、資料請求は無料ですのでご安心ください



 

お読みいただき、ありがとうございました。当サイトでは他にも、実際に有料老人ホームを選ぶ時に注意すべきポイント、介護保険の活用の仕方など、幅広い情報を提供しています。ぜひとも、下記の関連記事もご覧ください。

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ