お金儲けではなく、利用者のための介護を目指して

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

介護職員の男女

介護職員の間で議論になることの1つに、「丁寧なケアと効率のどちらを優先させるべきか」というテーマがあります。介護という人の役に立つ仕事を選んだ以上、高齢者をしっかりと支えたいという気持ちがあるのは当たり前ですが、各人の満足のみを考えていては利益が上がらないという現実もあります。

誰のための介護か、何のための介護か、それは介護施設の現場における大きなテーマでしょう。下記では、そのような厳しい現実にあたっている現場の介護職員が何を考えて、どのように向きあおうとしているかの体験談です。

なお、当サイトでは介護サービスの質について下記のような記事があります。ぜひ、あわせてご覧になってみてください。

介護サービスの質が高齢者を支える

信頼できるスタッフ・職員だから任せられる

介護サービスの質の高い老人ホームを探すべき理由

 

良い施設をつくるには、経営と現場、その両方の協力が大切になる

介護の仕事について、一番悲しいと感じたことは、利用者の為に仕事をするのではなく、「施設を運営するために仕事をさせられている」と感じたことです。確かに利用者数が少ないと事業所の利益は上がりません。私たち介護職員の給料は利用者の介護保険料から出ているので、利用者数が事業所の利益になります。

どんなに良い仕事をしてもお金をたくさんもらえるわけではありません。介護職は常にどのような方法で介助を行ったほうがよいのか、どんなコミュニケーションが大切なのかを常に考えて仕事をしています。しかし、どんなに良い介護をしても、利用者が喜んでも給料に反映されることはありません

今の事業所を維持することも、自分の給料をもらい続けることも、利用者の人数が増えないことには始まらないのです。それに気付いた瞬間、いったい「何のための介護なんだろう」と落胆しました。働いている事業所が利益至上主義であることに気付いた時、介護の仕事をいったん離れないと自分がつぶれてしまうとさえ思ったのです。

利用者を受け入れることで事業所を運営していることは、私も大人なので理解できます。しかし、それだけを毎日上司から言われては疲弊してしまいます。一番利益を押しつけている施設長は全然現場で介護を行っていません。いい仕事なのに利益と利用者を大切にするというジレンマを感じてしまいます

今では、来所する利用者の数にも負けない強い職場を作ろうとみんなで取り組んでいます。世の中のシステムに負けないようにしないと、自分がつぶれてしまうような気がしているからです。

 

自分の理念にあった介護施設を探すには

以上が、実際の介護現場における意見です。もちろん、上記の人のように、自ら奮起をして、良い介護施設をつくろうと活動することもとても大切です。一方で、1人きりで改革をしようにも、それは誰もができるわけではありません

そう考えると、介護施設に限ったことではありませんが、最初にどれだけ自分の思いにあった施設、「自身が共感できる経営理念を持った施設」に出会えるかが、とても大切になるのです。参考として、2つの施設をご紹介いたします。ぜひ、あわせてご覧になってみてください。

株式会社未来設計が運営する「未来邸 日本橋」ってどんなとこ?

レオパレス21が運営する「あずみ苑」ってどんなとこ?

そうした施設を探す時にオススメなのが、「クリックジョブ介護」というサイトです。



このサイトの良い所は、「面接にいくたびに1,000円支給」されるところです。転職・就職は期間が長引くと、どうしてもお金もかかり、ある程度納得できたらやめてしまう人が少なくはありません。しかしながら、それでは後々、自分の意志と反するところがあって、後悔してしまうことが多いのです。

上記のクリックジョブ介護であれば、少なくとも交通費は気にすることなく、さまざまな会社を受験しに行くことができます。これはとてもありがたい補助ではないでしょうか。たくさんの企業に面接をして、沢山の人と話して、「理想の施設」を目指しましょう。

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。当サイトでは他にも介護の現場で働く人たちの体験談を紹介しています。また、親族を老人ホームに預けた体験談や、介護保険の使い方など、高齢者介護に関わる全般的な情報を扱っています。ぜひ、下記の関連記事もお読みになってみてください。

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ