介護職は大変で苦労も多いけど、肉体・精神的に強くなれる仕事

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

体操をする職員と高齢者

よく言われていることだと思いますが、介護の仕事は楽ではありません

本記事では介護の仕事は何が楽ではないのか、実際にはどういう仕事をやるのかということについて、また大変であっても介護職で働く意義ややりがいは何かということを考えていきます。介護職で働こうと考えていた方はぜひ参考にされてみてください。

 

介護士の仕事はどのような内容か?

では、まずは介護職の具体的な仕事内容について考えてみましょう。介護職が大変だと言われるのは、高齢者の身体を持ち上げたり、支えたりという「肉体的な負荷」に加えて、食事介助や排泄介助など普段の生活ではすることのない「ストレスの溜まる業務」もあるからでしょう。それにも関わらず、他業種と比べると給料が割安だというのが、介護の仕事の現状です。確かにこれでは不満を持つ人もいるのかもしれません。

この辺りの介護職の大変さは下記の記事にも詳しいので、ぜひあわせてご覧ください。

介護の仕事の具体的な内容について

介護のお仕事風景

では、実際にどういった仕事をするのでしょうか?大まかにですが例を挙げてみます。

  1. 着替えや洗顔といった日常生活の手伝い
  2. 身体機能向上訓練の支援
  3. 高齢の方が楽しめるようなレクリエーションの実施
  4. 入浴や排せつの介助
  5. ベッドや車いす、徒歩など移動の手伝い
  6. 口腔ケア
  7. メンタル面のケア・話し相手など

こういった仕事を他のスタッフとも協力して行うのが介護職の仕事です。体力的な面に加え、いかに高齢者の方々と上手くコミュニケーションをとるか、また同僚とチームワークを発揮できるかというところで、気持ちの面でも疲労がたまることがあるのは、確かに事実なのかもしれません。

介護の仕事を辞めてしまう理由。何が大変なのか?

そうした仕事ですから離職率もそれなりに高いお仕事です。参考としてですが、離職される方はどのような理由なのかも見てみましょう。

  1. 会社(施設)の介護方針に賛同することができなかった
  2. 他にもっと良い会社(施設)を見つけたため
  3. 高齢者、スタッフとの人間関係を上手く構築できなかった
  4. 給与が少ないことに不満があった
  5. 腰痛など身体を壊してしまった

細かく見ればもちろんさまざまでしょうが、大まかには上記のような理由が多いようです。心と身体の両面に負担があるというのは確かなようです。

 

介護の仕事は損で働かないほうがいいということ?

介護という仕事について考える

少々介護の仕事のネガティブな面ばかりを紹介してしまいました。上記のような内容を踏まえると、介護の仕事は割けたほうがいい、働かないほうがいい仕事なのでしょうか?私は決してそんなことはないと考えます

介護の仕事に限ったことではないでしょうが、どんな仕事にもやりがい、そして価値を見出すことはできます。なかでも介護の仕事というのはこれからどんどんと価値が出てくる仕事であると私は考えています。下記ではその点について紹介していきます。

他の仕事にはない介護の魅力、やりがいとは

介護職のやりがい

では、介護職のやりがいや魅力とはなんでしょうか?

私は、まず上記のような大変さがあるからこそ、働くことで「人間的に強くなれる」点だと思います。また、人を支える仕事だからこそのやりがいというものもあるでしょう。絶対的な正解があるわけではないので、考えぬいた自身の行動だけが問題の解決策になるのです。その奥深さは、他の仕事では簡単には味わえないことかもしれません。

少子高齢化社会だから、これからどんどん活躍の場が増えてくる

そして何よりも確かなのは、少子高齢化が進む日本において、介護という仕事はますます重要性が高まってくることは間違いありません。今から10年、20年すれば、全人口の約3分の1ほどが65歳以上だという時代です。それを支えるのが介護の仕事です。

そういった観点で考えれば、今のうちから介護の仕事に携わり、介護職としての技術を高めておくのは将来を見据えた上で決して間違った判断ではないと言えるはずです。これも介護の現場で働く大きなメリットです。

~体験談:介護の仕事は挑戦の毎日~

下記では、実際に介護現場で働く人が仕事に対して何を思うかの体験談を紹介します。介護の仕事にチャレンジしようか考えている方は、ぜひ参考にされてみてください。

介護士さん

Yukiさん、28歳、介護福祉士

介護職は人の優しさで仕事をしている一面があり、職場の上司から認められない時の落胆はどの仕事よりもきついものがありました。良かれと思って行った介護が、利用者にとって悪影響があると言われた時には、もうこの仕事を辞めようとさえ思ったものです。

職員同士が「感情でぶつかってしまう」ところも、なんだか人間の嫌なところを見ているようで悲しくなりました。性格が仕事の質を左右してしまう介護の仕事は、考え方が異なると、事あるごとに職員同士がぶつかります、正しく介護をしようとする職員と効率的に行おうとする職員のぶつかり合いは見ていていたたまれなくなります。

人間的なぶつかり合いが大変だが

以前事務の仕事をしていた時は、会社の雰囲気もよく、毎日の仕事が楽しく思えました。しかし、毎日いろんな問題が起き、介護職の失敗で利用者に迷惑がかかったり、そのフォローをしていると、何のために仕事をしているのかも分からなくなったこともありました。

介護の仕事はかなり奥が深いです。なんだか、「神様が与えた試練」なのではないかと思ってしまうこともあります。でも、深いからこそ毎日良い介護ができるように挑戦している自分にも気付いています。

「良い介護」をするためには本当にたくさんの視点で仕事に取り組まなければなりません。頭で整理するのではなく、気持ちで仕事に取り組む必要があるのです。その分人間的に強くなったように感じますが、それまでの間は介護の仕事は毎日が苦痛でした。人を心で支えている仕事だからこその辛さなのでしょう

~~~

辛い苦労があるからこそ、自分の成長につながる

大きく成長する仕事

以上が、実際の介護の現場で働く方の体験談です。介護現場での仕事は確かに大変です。誰だって、毎日職場の人と意見をぶつけあいたくはないし、利用者さんに対しても文句を言うような状況は好まないでしょう。ただでさえ、肉体労働的な側面があるのに、気持ちの面でも辛いとなると、これはとても大変だと言っていいでしょう。

しかしながら、このような体験をするからこそ、「より良い仕事ができた時の感動」というのもより一層大きなものになるのでしょう。互いの意見を本気でぶつけあうからこそ、本当の信頼関係ができます。どうしたら良い介護ができるか、利用者さんの声を真剣に考えるからこそ、自分の創意工夫も生まれます。

そして、医療と同じように日々、人の命に触れる仕事でもあります。その奥深さとやりがいは確かなものです。人間的成長が期待でき、技術や知識も自分次第でつけることができます。これが介護の仕事の大きなやりがいだと言えるでしょう。

介護の仕事で働くことを迷っている方は一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

長く働きたいと思える職場を探そう

そうは言っても、ただただきつい職場、辛い職場を選びましょうということではありません。介護の仕事自体が上記のような側面を持っています。また、職場によって雰囲気や考え方が異なるというのも当然ありえます。施設によってはあまりやりがいや魅力を感じない、そういった可能性も決して否定はできません。

それであれば、できる限り自分が働きたい、魅力的な場所だなと思えるところで働くにこしたことはありません。というか、介護の現場で働くのであれば、絶対にそういった「自分が長く働きたいと思える職場」を探すべきだと思います。

最高の転職を実現させる

大切なのは、「自分にあった職場」を見つけることです。働いている職員さんの雰囲気がとてもいいとか、家から近くてとにかく通勤が楽とか、何かこれまでの経験から自分が働きやすいと思える要素のある職場を探しましょう。介護に限ったことではありませんが、入社前に聞いていた条件面が現実と違ったとか、実は職員の人間関係がギスギスしていたなどといったことは避けなければなりません。

自分に合った良い職場を見つけるために

そこで、下記ではそうした自分に合った仕事を見つけるために役立つ、就職サイトを「3つ」紹介します。

転職サイトをおすすめする理由

介護の仕事はもちろん「ハローワーク」など公的な施設で探してもいいのですが、正直なところ必ずしも条件の良いところばかりではありません。また、ハローワークのスタッフさんも熱心な方は多いですが、最近の就職・転職事情について必ずしも皆が精通しているというわけではありません(正直なところ、どちらかというと、やや情報が古いように感じることが少なくありません)。

そういった観点から私は、自分に合った良い職場を見つけるためには、いわゆる就職(転職)サイトを利用することを大いに勧めています。もちろん、登録料等はかかりませんので、ぜひ気になるサイトに無料登録をして、実際の求人内容をご覧になってください。それでは、それぞれのサイトについて詳しく紹介していきます。

1. 費用を抑えてスピーディに転職を決めたいなら「クリックジョブ介護」

まず最初に、これまで既に介護職の経験がある方だったらいいでしょうが、未経験だと何から始めていいのやらという人もいるでしょう。そこでオススメなのが、「クリックジョブ介護」というサイトです。

クリックジョブ介護のいいところは「転職活動の費用をサポートしてくれる」ところです。毎日の交通費、スーツの購入、施設や資格に関する勉強で書籍が必要とか、転職活動にはとかくお金は必要になってきます。

クリックジョブ介護なら、なんと面接に行くたびに、交通費として1,000円が支給されます。さらに、その他のサービス、求人の確認や応募なども、もちろん「無料で利用」することができます。これなら、全くお金が出ないよりは、気兼ねなく気になる会社を受験することができます。それゆえ、自然と自分にあった施設にも入社しやすくなるはずです。詳細については、ぜひ公式サイトをご覧になってみてください。

2. 未経験で初めての就職なら「介護のお仕事」

もう1つオススメは下記の介護のお仕事というサービスです。こちらのサービスの魅力としては大きく2つです。

まず、「応募前から職場の雰囲気がわかる」ような紹介をしてくださっている点です。上述のように施設や働く人たちの雰囲気というのはとても大切です。それらが事前にわかるというのはとてもありがたいポイントです。

また、申込者1人ひとりにアドバイザーがついてくれて、どうすれば就職・転職できるのかについて手厚いアドバイスをしてくださいます。特に初めての介護職の場合には、戸惑うことも多いでしょうから、とても嬉しいサービスです。登録は無料ですから、まずは登録をしてみて、上記のクリックジョブ介護と比較をしてみるのもいいかもしれません。

3. 資格取得でキャリアアップを目指すなら「かいご畑」

3つ目のサイトはかいご畑です。こちらの特筆すべきポイントは、働きながらの資格取得を強く応援してくれている点です。なんと、かいご畑で就職を決めると、「資格講座を無料で受講することができる」のです。積極的に資格をとって仕事を頑張りたいと思っている方には非常にオススメです。詳細については公式サイトをご覧ください。


 

以上、介護職の大変さとやりがい、そして働こうと思った時にオススメの転職サイトのご紹介でした。

お読みいただき、ありがとうございました。当サイトでは、他にも実際に介護職で働いてみた人の体験談や、逆に老人ホームに預けてみての体験談など、さまざまな情報を豊富にご用意しています。ぜひ、下記の関連記事より気になった内容をご覧ください。

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ