高齢者の転倒事故予防で注意すべきこと

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

高齢者の転倒は危険なので予防が大切

老人ホームの事故で最も多い部類の事故の1つが「転倒」です。高齢者は足腰が弱るため、自分の思うように動けずどうしても転びやすくなってしまいます。もちろん、機能回復のトレーニングによってある程度の改善は見込めますが、基本的には加齢による影響ですから、全てのお年寄りに対して注意するべきことではあります

また、転倒は一歩間違えば、大きな事故につながってしまいます。寝たきりになる原因として転倒の影響も少なくありません。その点については、下記の記事に詳しいのであわせてご覧になってみてください。

「寝たきり」にさせないことが介護では大切

また、転倒に限ったことではなく、事故全般を防ぐためには下記の記事のような考え方も非常に大切になります。ぜひ、あわせてご参照ください。

ヒヤリハットのデータ分析で危険な事故を予測する

介護事故防止に役立つアセスメントの考え方

それでは、本記事では、転倒事故を防ぐためのポイント、また万が一起きてしまった場合の対応について、それぞれを気をつけるべきことをご紹介します。

 

現場に生じる意外な死角に気をつける

まず最初に、転倒の事例をご紹介します。転倒事故でよくある事例の1つとして、職員の思いもよらぬ場所で事故が起きるケースです。実際に転倒事故にあった方は、施設で短期入所している80代の女性Iさんです。

Iさんは「要介護認定3」で、認知機能は特に問題はありませんでしたが、入院生活で身体が衰えたこともあって日常生活にはところどころ不自由なところがありました。特に関節の拘縮によって自力歩行は困難な状態であるために、移動時には日常的に車いすを使っている状態でした。

転倒時の状況

そんなIさんが転倒をしてしまった時の状況は下記のようなものでした。夜7時頃、Iさんは数人の利用者とともに共有フロアでテレビを見ていました。夜勤職員は3名いましたが、そのうち1名は近くの利用者個室で対応を行なっており、もう1名は利用者の訴えがあったために一緒にトイレにいました。共有フロアの数人の利用者については残りの1名が様子を見ていたのですが、利用者対応を行っていた職員から呼ばれたため、わずか1分にも満たない時間にその場を離れてしまったのです

大きな音がしたように思い、共有フロアに戻ってみると、Iさんが頭部から出血をして床に倒れていました。発見したスタッフは、すぐ当直の看護師に連絡し、協力病院へと搬送をしました。検査の結果では異常はないという診断が出ましたので、Iさんはすぐに施設へと戻ることになりました。

今回の事故は、一見すると発生を予防するのが困難であったように思います。職員が目を話したのはわずか1分ほどです。これは「時間の死角」であるとも言えます。いかに人間を増やそうとも、1分もしくは30秒程度の誰もチェックできていない瞬間ができる可能性はあるからです。ここで重要なのはそうしたわずかな瞬間でも、事故が起きる可能性をスタッフ全員が認識できていたかどうかです。

もし、そうした時間に死角があるという認識があれば、助けを請われたスタッフには他の判断もありえたかもしれません。老人ホームでの転倒を防ぐためには、その点の意識の共有化が重要なのです。

また、こうした職員間の連携以外でも、施設自体に改善の余地がある場合も少なくありません。例えば、バリアフリー化が十分でない施設であれば、それだけ事故の可能性も高まってしまうでしょう。その辺りについては下記の記事に詳しいので、ぜひあわせてご覧ください。

バリアフリー見直しが転倒予防の第一歩

 

事故後に起きる影響を事前に把握しておく

次に注意すべきなのが事故後の対応です。高齢者の場合は、若い人が思っている以上に怪我や身体の不調が生じやすくなっています。もう一度先のIさんの事例を見てみます。検査入院から戻ったあとには、実は下記のようなことがありました。

実は骨折していたのに気づけなかった

異常なしと判断をされたIさんは、ほっと胸を撫で下ろし介護施設へと戻りました。翌日、施設ではいつものように理学療法士によるリハビリが行われました。すると大事をとっての強度のリハビリトレーニングにも関わらず、Iさんは脚部の強い痛みを訴えました。

不審に思った理学療法士がかかりつけ医に相談をして再診察をしてみると、大腿骨を骨折していることがわかりました。急きょ手術が行われることになり、特に後遺症等はなかったものの、日常生活の復帰は大幅に遅れることになってしまいました。

 

以上が、老人ホームでの転倒事故の一例です。このような事故は決して珍しい話ではありません。事故前の(時間的な)死角の共有、事故後の高齢者の身体状況の2点について、注意をしてしっかりと確認することが上記のような事故の予防に役立つはずです。

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。本サイトでは他にも老人ホームでのトラブル事例や、介護保険の紹介など、高齢者介護にかかわる情報を幅広く書いています。下記の関連記事も、ぜひ合わせてご覧になってみてください。

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ