短期入所療養介護(ショートステイ)とは

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

男性を支える介護士さんの画像

短期入所療養介護の概要

「短期入所療養介護」とは、要介護者を介護している方の体調が芳しくない場合、一時的に自宅で介護を続けることができなくなった場合などに、介護老人保健施設や療養病床のある病院へと移り、医療処置・機能訓練などを受けることのできる介護保険サービスの1つです。

介護をするご家族にとっては、介護というのは、決して容易なことではありません。不慣れなこともあって、肉体的・精神的な負荷はどうしてもかかってしまいます。そうした時に、短期入所療養介護があれば、一時的とはいえ介護とは離れて自分や家族の生活を見直すことができます。そうしかたにとっては、このショートステイという精度は非常に役立つのです。

ただ、あくまで在宅復帰を目指した医療ケアを受けるサービスとなりますので、基本的には数日~1週間程度の滞在で、最大でも連続30日間の滞在が限度となりますので注意が必要です。ショートステイを探しているという方にオススメなのは、下記のHOME’S介護というサービスです。ショートステイに限らず、さまざまな施設を非常に豊富に取り扱っています。ぜひご覧になってみてください。



ちなみに、この短期入所療養介護の「医療処置」がないものを、同じくショートステイ、正式には短期入所生活介護と言います。こちらの制度については下記記事に詳しいので合わせてご覧ください。

また、介護保険には他にも下記のようなサービスがあります。ぜひ、合わせてご覧になってみてください。

訪問看護の概要とサービス内容について

・訪問リハビリテーションとはどのようなサービスか?

デイケア(通所リハビリテーション)とはどのようなサービスか?

デイサービス(通所介護)とは何か?

小規模多機能型居宅介護とはどのようなサービスか?

 

サービスを受けられる対象者

では、実際にどのような人が短期入所療養介護を利用できるのでしょうか?一言でいうならば、要介護1~5の方、または特定疾病の方が対象となります

要支援1~2の方は「介護予防短期入所療養介護」 の対象となり、受けられるサービスや料金等に違いがあります。具体的には、下記のような場合に短期入所療養介護の利用をご検討ください。

■ 短期入所療養介護を利用できるシチュエーション
  • 医療スタッフによって定期的な健康チェックが必要
  • 病状が思わしくなく、集中的にリハビリテーションを行うべき場合
  • 認知症症状の把握や改善が必要な場合
  • 家族に心身両面で過度な負担がかかっている場合

 

サービスを提供する人たち

この「短期入所療養介護」を提供してくれるのは、介護老人保健施設や、介護療養型医療施設、また療養病床をもつ病院・診療所、老人性認知症疾患療養病棟をもつ病院などです。設立するためには、人員・設備・運営といった基準があり、それらを満たしている事業者のみ設立することができます

具体的には下記のような基準があります。

人員としては、生活相談員、機能訓練指導員、看護師などで、医療処置を出来る方が中心です。設備は「従来型」の施設か、「ユニット型」の施設かで基準が変わってきますが、ベッド数は基本的に20床以上となっています(特養併設事業所の場合は20床未満でも可)。運営基準は「短期入所生活介護計画」があるかなど、施設としての明確なルールの有無を問われます。

実際に医療処置を行ってくれる方は医師や作業療法士、言語聴覚士、理学療法士、看護師さんなど医療系の方が多くなります。ただ、特別養護老人ホームに併設されている場合も多く、他に生活相談員、介護職員、准看護師、栄養士、柔道整復師、調理員さんなど非常に多様な方が関わります。

 

サービス費用と料金

費用は、1日を単位として施設の種類、要介護度によって細かく設定されています。他にも、定員との関係、介護職員・看護職員の配置人数などによっても費用が異なりますので、利用の際にはきちんと料金を確認するようにしましょう。また、医療処置が中心となるぶん、ショートステイのもう1種類である短期入所生活介護よりも若干料金が高くなります。

ただ、この違いについては、実際にはうまく区分できていない施設も少なくなく、関係者からはさまざまな問題をしてきされています。その点についてと、短期入所生活介護の概要については冒頭でご紹介した短期入所生活介護についての記事にありますので、合わせてチェックしてみてください。

■ 要介護の方の短期入所療養介護
  • 要介護1 → 754円
  •    2 → 802円
  •    3 → 865円
  •    4 → 917円
  •    5 → 971円
■ 要支援の方の「介護予防」短期入所療養介護
  • 要支援1 → 579円
  •    2 → 720円

 

具体的なサービス内容

短期入所療養介護は、医療施設などに短期間入所して看護や医療を受ける介護保険サービスです。名称の通り、短期入所生活介護よりは医療的ケアを重視しており、これまで施設に入所したり病院に入院しなければならなかった人の、「早期復帰、在宅復帰」を目指します。

短期入所療養介護のサービスは具体的に下記のような内容になります。なお、要支援者の方向けのサービスは「介護予防短期入所療養介護」と名称が違いますが、下記のように基本的なサービスは同様です。

サービス例の一覧表
  • 在宅では困難な検査や処置など疾病に対する医学的管理
  • 医療器具の調整と交換
  • 理学療法(ベッドから起き上がる、立ち上がる、歩行などのサポート)
  • 作業療法(食事・トイレ・着替えなど日常生活の動作訓練)
  • 言語聴覚療法(嚥下機能訓練、言葉・発声など)
  • パワーリハビリテーション(器具を使ったリハビリ)
  • 口腔ケア
  • 食事(常食、ソフト食、療養食など)
  • 特に老人性認知症患者の方への対応
  • 入所中の急変時の対応
  • ターミナルケア(終末期医療)

ご利用の際には、まずはケアマネジャーさんや、お住いの地域の役所の担当部署などに相談をしましょう。利用に問題がなければ、ケアマネジャーがサービス提供事業者へと連絡をし、サービス提供の可否を確認します(施設によっては1~2ヶ月待ちということもあるので注意が必要です)。利用決定後はケアプランを作成し、事業者とヒアリングを行ったうえで、契約を結びます。

この辺りのケアマネさんの仕事について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

ケアマネジャーさんの仕事内容

 

 

以上が、短期入所療養介護(ショートステイ)の概要とサービス内容です。

他の介護保険サービスを知りたい方は下記の関連記事を、老人介護全般にご興味のある方はグローバルナビゲーションから気になるページをご覧ください。お読みいただきありがとうございました。

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ