ショートステイ(短期入所生活介護)とは?

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

微笑む老夫婦の画像

「ショートステイ(短期入所生活介護)」とは、介護サービスのひとつです。高齢者のリフレッシュや、家族の負担軽減のために、短い間施設で高齢者を預かってくれます。同じくショートステイという名称で「短期入所療養介護」というサービスもありますが、こちらは医療的な処置や看護を主としたサービスになります。

短期入所療養介護については下記の記事をご覧ください。他にも介護保険にはさまざまなサービスがあります。合わせて記事をご紹介しますので、ぜひご覧になってみてください。

短期入所療養介護とは?

デイケア(通所リハビリテーション)とは?

訪問リハビリテーションとは?

それでは、下記ではショートステイ(短期入所生活介護)について、さらに詳しく紹介していきます。

 

ショートステイ(短期入所生活介護)の概要

ショートステイとは介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などに、高齢者が一時的に(最大で連続30日)入所し、入浴や食事、日常生活のための機能訓練などが提供される介護サービスです。「高齢者にとっては」孤立感の解消や身体機能の維持回復、メンタル面でのリフレッシュが期待できます。

「家族にとっては」介護をプロの手に任せることで、同じように心身両面でのリフレッシュ、介護の負担軽減になります。そのため、介護保険サービスの中でも非常に人気があり、施設によっては1~2ヶ月待ちということも少なくありません。ご利用の際には、事前の準備と確認が必要です。

また、ショートステイを依頼する際には、上述した生活介護と療養介護のどちらにするかを考えなければいけません。簡単に言えば医療ケアの有無が判断基準になるわけですが、その線引は意外に簡単ではありません。実際の利用の際は施設や、ケアマネジャーなどの専門家に相談しておくことが大切です。

 

サービスを受けられる対象者

要支援1-2の方には「介護予防」短期入所生活介護、要介護1-5の方は「短期入所生活介護」の対象となります。高齢者が心身の状態を崩されて自宅生活が困難な場合や、ご家族が外出して介護ができなくなった時などに活用されます。

この辺りの要介護の基本的な知識を知りたい方は下記の記事をご覧ください。

要介護とは何か、概要と手続きの方法について

 

サービスを提供する人たち

ショートステイを提供できる事業所は、老人短期入所施設、特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、病院、介護老人保健施設、有料老人ホームやケアハウスなどです。前述しましたが、ショートステイには短期入所生活介護と短期入所療養介護の2種類があり、前者は短期入所専用の施設のほか、特別養護老人ホームが運営している場合が多く、後者は医療サービスが必要になるため介護老人保健施設や療養病床などが利用されることが多くなります。

さらに、タイプの分類として、「単独型」「併設型」があります。「併設型」は特別養護老人ホームに併設されている事業所のことで、「単独型」は他施設と一緒に運営されておらず、ショートステイ専門の施設として宿泊するタイプです。規模は大きくないことが多いですが、専門性が高いのが強みです。

それぞれ、運営するためには必要となるスタッフの基準があり、生活相談員、看護職員と介護職員、栄養士、機能訓練指導員、常勤管理者、調理員及びその他の従業員が一定数以上必要になります。その他、設備基準や運営基準などもあります。

 

具体的なサービス内容

短期間(数日から1週間程度、最長で30日間)入所し、入浴や排泄、食事、機能訓練などのサービスを受けることができます。外出などで家族による介護が一時的に困難な場合に、安心して高齢者を施設に預けることができます。

サービスの目的としては、健康状態の確認、日常生活の充実、自立のための機能訓練、栄養バランスのとれた食事の提供、今後の生活を見据えた相談と助言などがあがります。具体的には、たとえば、下記のようなサービスが提供されます。

  • 自宅から施設への送迎(必要な場合)
  • 医師、看護師などによる健康管理
  • 日常リハビリテーション(体操など簡単な運動、みんなで実施)
  • 個別リハビリテーション(理学療法士(PT)、作業療法士(OT)などが実施)
  • 日常生活の支援・アドバイス
  • 入浴(一般浴、特殊浴、足浴など)
  • 食事(普通食、療養食、経管栄養など)
  • レクリエーション

 

費用・料金

ショートステイの料金は1日を単位として、事業所タイプ、ケア方法、居室タイプ、利用者の要介護度によって細かく定められています。

また、それ以外にも、滞在費、食費、送迎の費用、理美容代など日常生活費、などオプション的な必要になりますので、金額を考える際には注意が必要です。例えば、「単独型(他に併設型)」「従来型個室(他にユニット型(準)個室、多床室)」の場合は、要介護、要支援それぞれで下記のような金額になります。

■ 要介護の方の短期入所生活介護
  • 要介護1 → 648円
  •    2 → 719円
  •    3 → 791円
  •    4 → 862円
  •    5 → 931円
■ 要支援の方の「介護予防」短期入所生活介護
  • 要支援1 → 486円
  •    2 → 603円

その他、一般的な老人ホーム等で必要な費用については下記の記事をご覧になってみてください。

 介護施設で必要となる費用・料金とは?

 

以上が、ショートステイ(短期入所生活介護)の概要です。

 

実際の利用にあたっての注意点

一言で言うならば、普段と違う生活空間であることを意識しておくことが大切です。高齢者に限ったことではなく、慣れない場所に行けば誰だって落ち着かないのは当然だと思います。また、普段と違う階段や廊下、それにベッドや椅子など、当然自宅とは生活環境が変わってきます。そうなると、精神的・肉体的に負荷は高まるでしょうし、特に高齢の方にとっては転倒などの事故リスクを高める理由にもなりかねません。

ですから、実際にショートステイを利用される際には、そういった生活空間の違いを意識して、事前にスタッフさんと情報共有しておくことが大切だと言えるでしょう。

 

 

 

他の介護保険サービスを知りたい方は下記の関連記事を、老人介護全般を学びたい方は当サイトのグローバルナビから関心のあるページをご覧ください。お読みいただきありがとうございました。

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ