デイケア(通所リハビリテーション)と訪問リハビリテーション

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

デイケア

デイケア(通所リハビリテーション)の概要

デイケアは介護保険サービスの一種で、日帰りで施設などに通い、医療処置とリハビリテーションが受けられるサービスです。利用者の身体機能の維持・回復を行い、日常生活を快適にすることを目的としています。主に理学療法や作業療法が用いられます。通所リハビリテーションとデイケアという名称がありますが、デイケアと呼ぶほうが一般的です。

また、臨床心理士さんが常駐して、メンタル的なケアを行ったり、認知症の改善プログラムを行ったりと、身体面以外でもサポートが行われます。似ているサービスとして、デイサービス(通所介護)がありますが、デイケアのほうが医療的ケアとリハビリテーション機能の豊富さに優れています。

介護保険サービスには他にも下記のようなものがあります。あわせてご覧ください。

対象

「要介護1~5」「要支援1~2」の方が対象者となります。似たようなサービスで訪問リハビリテーションがありますが、大きな違いは自宅に介護士さんなどに来てもらうか、自分が施設に向かうかです。施設まで通う元気がある、移動に支障がない方は、交流も兼ねて通所するほうがよいでしょうし、歩くこともままならないようであれば訪問リハビリテーションを利用したほうがよいでしょう。

また、利用者の方は家族のこと、自分の身体のことで様々な生活の悩みを抱えていることが少なくありませんが、通所をすることで他の利用者と協力したり、語り合ったりもできます。外出頻度が少なくなってしまったので、コミュニケーションの場がほしいという方にも非常におすすめができます。

サービス提供者

デイケアを提供できるのは、市町村から指定を受けた介護老人保健施設、病院、診療所に限られます。リハビリテーションという医療処置を行うわけですから、事務所には、看護職員(理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、看護師、准看護師)もしくは介護職員がいなければなりません。

さらに、リハビリ専用室(面積の規定あり)やリハビリに必要な専門器具なども必要になってきます。実際にサービス事業所を選ぶ際は、理学療法士や作業療法士などの専門職スタッフの人数、機器の充実度、自宅からの通いやすさが重要です。施設によっては筋力トレーニングなど個別の機器がないこともありますので、自身の目的にあった環境があるかをチェックしましょう。また、利用者個々人にあわせたプログラムを取り入れてくれるかといったソフト面もきっちりと考慮することが大切です。

費用・料金

費用は、事業所の種類や大きさ、利用者の要介護・支援度、利用する時間によって細かく変わってきます。また、入浴介助、短期集中リハビリテーションなどのオプションサービスを受けた場合は、別途で金額の加算があります。また、通所の際の車での送迎費用は含まれるので無料ですが、食費は自己負担となるので注意が必要です。基本的な料金は下記のようになります。

■ 要介護度1~5の方の料金一覧
  • 要介護度1 → 1,710円
  • 要介護度2 → 1,868円
  • 要介護度3 → 2,025円
  • 要介護度4 → 2,185円
  • 要介護度5 → 2,343円

※いずれも日額(所要時間6時間以上8時間未満の場合)

要支援1-2の方の場合は、上記とは異なり月額での利用料金となります。要支援1の方が2,596円、要支援2の方が5,195円です。これに、昼食・おやつや施設利用のお金が別途加算されます。

デイケアの流れ

  • バスなどでの送迎
  • 個別リハビリテーション(転倒予防や記憶力改善、油圧マシンでのトレーニングなど)
  • レクリエーション
  • 入浴(一般浴、機械浴、足浴など)
  • 食事(普通食、きざみ食、治療食、おやつ、お茶など)
  • 帰宅

以上がデイケア(通所リハビリテーション)の概要です。このように、通所をして多くの人と交流をしたり、さまざまな活動を通したりすることで、自信をつけ、病気や障害とうまくつきあう方法を身につけることができます。そうして、利用者が日常生活を快適にすることがデイケアの目的です。

また、普段暮らしている家族にとっては、こうした通所型サービスは、介護のプロに預けることができるため、普段なかなかない家事や趣味の時間をとることができるのが大きなメリットです。利用者ご本人にとっても、家族にとっても、リフレッシュの時間をつくれるのがデイケアなのです。

続きまして、訪問リハビリテーションについて紹介します

 

 

訪問リハビリテーションの概要

訪問リハビリテーションは介護保険サービスの1つで、一言で言えば自宅でリハビリテーションが受けられるサービスだと言えます。介護士さんが自宅まで訪問してくれるっていうことですね。

高齢の方では足腰が弱かったり、病気の治療中で外出できない方は少なくありませんので、そうした方たちにとってはとてもありがたい内容となります。それでは、訪問リハビリテーションのご紹介に戻ります。下記より、基本的な情報をご紹介していきます。

サービス対象者

まず、訪問リハビリテーションを使える方ですが、「要介護1~5の方が対象」となります。要支援1~2の方には、ほぼ同内容にはなりますが、介護予防訪問リハビリテーションが提供されます。お住まいの地域によっては近くにリハビリを提供する施設がない場合もあり、そういう方がご利用することも可能です。

たとえば、下記のような方は訪問リハビリテーションを検討すべきです。

  • 足腰の筋力が落ちているために、自宅内の移動に不安がある
  • 病気の後遺症のため、料理や掃除、洗濯など日常の生活動作がうまくできない
  • リハビリに興味があるが、自分では運動方法が分からない
  • 福祉用具の使い方を詳しく知りたい
  • 買い物や散歩のために外出をしたい
  • 食事の時にむせるようになってきた。
  • うまく言葉を話せないことがある

サービス提供者

次に、訪問リハビリテーションを実施してくれる事業者さんについてです。訪問リハビリテーションを行う事業者は、都道府県知事の指定を受けた指定訪問リハビリテーション事業者で、病院、診療所、介護老人保健施設が対象になります。

お近くの施設で訪問リハビリテーションを行っているところをまずは調べてみましょう。その際にオススメなのが、下記のHOME’S介護というサイトです。長く運営している大手のサービスですから登録事業所が豊富で、きっとお好みの場所が見つかるのではないかと思います。



訪問リハビリテーションで実際に施術を行うのは、「理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)」などの専門職の方々になります。理学療法士は身体機能の向上を主眼に置いた治療を行い、軽い運動、マッサージ、電気刺激、温熱などのリハビリを行います。作業療法士は生活機能の改善が中心で、工作・手芸・調理・炊事洗濯などの日常生活の動作を通じて機能改善を図ります。言語聴覚士は発声や発語などの訓練を行います。

ただし、実施の際には医師の方に確認・許可をいただき、指示書を準備していただく必要があります。この点は要注意です。事前にケアマネジャーさんに相談しておくなどしましょう。

費用

利用者負担は下記の金額の1割となります。

※2015年8月より、収入によって2割負担となるため要注意

・要支援の場合
  • 介護予防訪問リハビリテーション費  → 3,070円
  • 短期集中リハビリテーション実施加算 → 2,000円
  • 居宅訪問での指導やアドバイス    → 3,000円
・要介護の場合
  • 訪問リハビリテーション費      → 3,070円
  • 短期集中リハビリテーション実施加算 → 3,400円(※1)
  • 居宅訪問での指導やアドバイス    → 3,000円

※1 退院・退所日から1か月以内の場合。1ヶ月超3か月以内の場合は2,000円

具体的なサービス内容

上述したように、大きくわけると、「理学療法、作業療法、言語聴覚療法の3つ」になります。実際に理学療法士や作業療法士などが自宅を訪問して行います。具体的には下記の内容が想定されます。

提供されるサービスの例
  • 自宅または外出時の移動手段の検討と練習
  • 入浴、家事など、日常生活で必要な動作の練習
  • 散歩や趣味などで必要となる動作の検討や練習
  • 食事がうまくできない場合の対応策の検討
  • 自宅での生活において、必要な福祉用具やリフォームの検討
  • 簡単なリハビリや運動の指導、アドバイス

例えば、歩行が困難な人であれば、寝たきりになることを防ぐために離床をうながします。そのあと、寝返り、起き上がり、座位、立ち上がり、立位までを行い、歩行が可能になるように徐々にステップアップしていきます。

さらに、関節可動域訓練、筋力増強訓練、移乗動作訓練、日常生活動作訓練などをあわせて行ないます。逆に歩ける人には主に歩行訓練を中心にリハビリを行ったりと、その人に合った内容を提供します。

しかしながら、現状ではリハビリができる資格をもつ人が不足しており、地域によってはこのサービスを利用することは困難なこともあります。リハビリに関しては、当サイトでは他に下記のような記事があります。

リハビリテーションの3段階

リハビリテーションは大きく「3つの段階」に分かれています。高齢者の方の状況を見て、適切なタイミングの処置を行うことが大切です。

1. 急性期リハビリテーション

急性期リハビリテーションとは、発症より2週間から1カ月ほどの早い段階で行われるリハビリテーションです。

2. 回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーションとは. 主に脳血管疾患や大腿骨頸部骨折等を患った方に対して、早期の在宅復帰を目標に実施するリハビリテーションのことです。

3. 維持期リハビリテーション

維持期のリハビリテーションは、回復期リハビリテーション実施後に、運動機能等を維持していくための訓練です。

このうち介護保険の対象となるのは維持期リハビリテーションのみです。急性期リハビリテーションと維持期リハビリテーションは医療保険の対象となりますのでご注意ください。

以上が、訪問リハビリテーションサービスの概要です。

 

 

お読みいただきありがとうございました。介護保険サービスについてもっと知りたい方や、介護保険制度そのものを学びたい方など、下記関連記事やその他のページにて様々なことをご紹介しています。ぜひご覧になってみてください。

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ