訪問入浴介護(介助)の概要と手順について

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

入浴中の高齢者

「訪問入浴介護」は介護保険サービスのひとつで、要介護認定をされている方には訪問入浴介護、要支援認定の方には介護予防訪問入浴介護が提供されます。要支援の方が利用するには感染症などの特殊な利用や、自宅に浴槽がない場合など、利用条件が限定されます。

介護保険サービスは他にも多数あります。下記では代表的ないくつかのサービスの記事をご紹介しますので、ぜひ合わせてご覧ください。

・訪問介護(ホームヘルプ)とはどのようなサービスか?

小規模多機能型居宅介護とは

夜間対応型訪問介護とは

デイサービス(通所介護)とは

・訪問リハビリテーションとは

 

訪問入浴介護の概要

訪問入浴介護は、高齢者の自宅に浴槽をはじめ必要な器具機材を持参して、看護師や介護職員から介護をうけながら入浴をするサービスです。お風呂に入ることは身体を清潔にするだけでなく、精神的、心理的な面でも利用者に良い影響があります。一方で、身体に大きな負担がかかりますので、時間の短縮や部分浴、清拭を行うこともあります。

対象者

訪問入浴介護を利用できるのは、病気などのためにご家族やヘルパーの介助があっても自宅の浴槽に入れなかったり、通所介護などを利用して入浴することができなかったりする、介護度の高いな人たちです。また、ご自宅に浴槽がないような方もご利用の対象となります。

ただし、利用に際しては医師の許可が必要になるので注意が必要です。経管栄養や人工肛門、膀胱留置カテーテルなどの処置を受けていても、当人の入浴前の症状が安定していれば入浴は可能です。また、入浴前に血圧や体温、脈拍などのバイタルチェックを行い、体調が優れない場合は上述のように部分浴や清拭に変更されます。

サービス提供者

訪問入浴介護は、「指定訪問入浴介護事業者」が実施します。人員、設備、運営に関しての基準があり、それらをクリアした事業所のみ認定されます。実際の入浴介護は看護職員(看護師、准看護師)1人と介護職員2人、または介護職員3人で行われます。

こうした施設の事業者について、その違いなどを知りたい方は下記の記事をご覧ください。各施設によってどのように運営者が変わるかなどをご紹介しています。

事業主体によって環境は大きく変わる

料金

訪問入浴介護の1回あたりの料金は下記のとおりです(カッコ内は利用者の1割自己負担額)。

訪問入浴介護
  • 入浴→12,590円(1,259円)※1
  • 清拭または部分浴→8,810円(881円)

※1 看護職員1人と介護職員2人によるサービス提供の場合の料金。介護職員3人で行われる場合は1,196円。

介護予防訪問入浴介護 ※2
  • 入浴→8,600円(860円)
  • 清拭または部分浴→6,020円(602円)

※2 訪問入浴介護より1人少ない、看護職員1人と介護職員1人か、介護職員2人で行われます。

 

訪問入浴介護の一般的な手順

訪問前にやること
  • 担当のケアマネジャーへ相談
  • 事前訪問

看護職員は、主治医の指示を確認し、利用者の健康状態を観察・確認します。介護職員は、浴槽を搬入方法や利用者の移動方法、入浴方法について確認をして当日の流れを明確にします。健康状態を鑑みて、医師の指示があれば中止や、入浴方法の変更も検討します。

ケアマネジャーさんに関しては、下記の記事が詳しいので、ぜひ合わせてご覧になってみてください。

ケアマネージャーの仕事内容

  • ご家族への協力依頼

ご家族の協力を得るために、入浴時の協力を約束していただく文書を渡します。あわせて用意する物品の説明と手順の説明を行います。

  • 計画を作成

事前訪問の内容にもとづいて、利用者ごとに計画書を作成します

訪問時にやること
  • 当日訪問
  • バイタルチェック(健康状態のチェック)
  • 実施(脱衣→入浴→着衣)
  • 再度、バイタルチェック
  • 入浴記録簿に入浴結果を記入

 

訪問入浴介護の効果・メリット

冒頭でも述べましたが、入浴介護を行うことは身体的な面のみならず、精神的にも利用者にとってはプラスに働きます。具体的には、身体面では免疫力の向上、血行促進、床ずれの改善が期待できます。

精神的には、お風呂に普段入っている方であればわかると思いますが、リラックスしたり、爽快感があったり、睡眠の質が向上したりという効果があります。「入浴」自体にも、下記のように科学的な効果が認められています。

入浴の物理的効能

入浴することのメリットは大きく下記の3つがあります。

・温熱作用

筋肉の結構を促し、動きを容易にする効果があります。また、血行が良くなることで新陳代謝が高まり、デトックス効果もあります。ただし、湯温は微温浴(37℃〜39℃)が適当で、それ以上になると心拍数が増え、血圧の上昇も見られるため、持病のある方は注意が必要になります。

・静水圧作用

体表面にかかる水の圧力(静水圧)により、内臓が刺激され、内臓運動となります。半身浴では、下半身に静水圧がかかって
血液の心臓への還流量が増え血液循環が促進されるなど健康効果があります。一方全身浴では胸囲が縮小し、心臓へ負担がかかる危険性があるので注意が必要です。

・浮力、粘性作用

浮力により水中では身体が軽くなり、体重は約十分の一になり、全身、特に関節部を動かしやすくなります。運動機能の低下した利用者に、入浴時の浮力を利用してリハビリテーションとして、水中運動が行われることがあります。また、身体が軽くなることで全身がリラックスし、α波が出るなどの効果もあります。

 

 

以上が、訪問入浴介護(介助)の概要と手順についてです。介護保険サービスの他のサービスについて知りたい方や、その他老人介護に関わる知識を学びたい方は、下記の関連記事も参考にされてみてください。お読みいただきありがとうございました。

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ