介護保険の「要支援」と「要介護」の違いは何か?

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

疑問を持つ老夫婦

A. 要介護度認定時に『介護が必要であるかないか』が違いになります。
要支援」にはまだ介護が必要でない方が認定され、介護の予防を目標としていますが、「要介護」は既に介護が必要である方が認定されます。

 

要介護認定とは

介護保険を利用するためには、65歳になると役所から送られる「介護保険証」に加え、要介護認定を受ける必要があります。介護が必要な方をその状況に合わせて7段階に分類したものが「要介護認定」です。要介護が1から5の5段階あり、要支援は1から2の2段階となっています。

介護が必要か否かが要支援と要介護を分けるポイント

この2つは違いがよくわからないという声をよく聞きますが、上述したように介護が必要な度合いで段階が分けられるようになっています。簡単に言えばすぐにでも何らかの介護が必要な方が「要介護」、日常生活に不便はありながらも介護されるほどでもない人は「要支援」になります。

サービス内容と費用の違いも要チェック

ただし、「要支援」と「要介護」の違いは定義だけではなく、実際に受けられる介護サービスの内容や費用も異なってきますので注意が必要です

要介護度や介護保険証などについては、下記の記事にも詳しいのでぜひあわせてご覧になってみてください。

それでは、要支援と要介護の違いについて、以下で詳細をご紹介します。

 

要支援と要介護で受けられるサービスの違い

上述したように要支援の人は、介護が必要にならないことを目標にしており、要介護1から要介護5までの人は生活で困っていることを介護サービスで解決することが目標です。そのため、実は介護サービスの呼称もそれぞれ異なっており、「要支援」の場合は介護予防サービス、「要介護」の場合は介護サービスと呼びます。

とはいえ、基本的には、ほぼ同じ介護サービスが利用できますので、受けられるサービス自体には大差はありません。異なる点は、下記表にまとめてありますのでご参照ください。

 

使えるサービスの違い

介護サービスの種類 要支援認定の方 要介護認定の方
ケアプランの作成 地域包括支援センターで作成 居宅介護支援事業者のケアマネジャーが作成
訪問介護 「身体介護」「生活援助」区分なし・「通院等の乗降」利用不可 「身体介護」「生活援助」区分あり・「通院等の乗降」利用可
デイサービス・デイケア 単一事業所のみ利用可能 複数事業所を利用可能
福祉用具の貸与 車いすや介護用ベッドのレンタル不可 要介護2以上は車いすや介護用ベッドのレンタル可(1は不可)
特養・老健・療養病床の利用 不可
グループホームの利用 1は不可、2は可
夜間対応型訪問介護の利用
(平成23年の法改正で追加)
不可
定期巡回・随時対応型訪問看護介護 不可
複合型サービス 不可

以上が、要介護と要支援で利用できる介護サービスの大まかな違いです。基本的に「地域密着型サービス(※1」は要介護の人が利用でき、「地域密着型介護予防サービス(※2」は要支援の人が利用します。

詳細な内容は下記注釈をご覧いただければわかりますが、とりわけ「施設の利用」は、要介護と要支援で受けられる内容に差ができるポイントです。

※1 2006年(平成18年)4月の介護保険法の改正時に定められた内容で、高齢者の方が住み慣れた自宅や地域で生活を継続できるように、介護サービスを提供することを目的としています。具体的には、「小規模多機能型居宅介護」、「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)」、「認知症対応型通所介護(デイサービス)」、「地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護」のことを指します。

※2 「介護予防認知症対応型共同生活介護」、「介護予防小規模多機能型居宅介護」、「介護予防認知症対応型通所介護」のこと。

上記のような介護保険の変遷については、下記の記事に詳しいのでご参照ください。

介護保険制度の歴史

 

出来高払いと定額払い

それ以外に、要介護と要支援で大きく違うのは「介護保険を利用した際の負担の計算方法」です。「要介護」の場合は、出来高払いといって利用した分だけ支払う形になりますが、要支援の場合には、基本的に月額の利用料金が決まっているため、利用した回数に関係なく定額での支払いとなります。

たとえば、毎週1回ヘルパーに来てもらっても、その月に1回しか来てもらわなくても、同じ月額分が請求されることになります。要支援の方は、介護予防が目標になりますので、そうそう頻繁にキャンセルがないと想定されているため、また多く利用することが予防につながるとも考えているからだと思われます。

なお、ホームヘルプの基本的な情報は、下記の記事でご紹介しています。

・訪問介護(ホームヘルプ)とはどのようなサービスか?

 

各都道府県の介護保険審査会に再申請をすることも可能

介護保険でよく問題になることのひとつが、「自分がなぜこの要介護度なのか」という話です。前回は要介護2だったのに、なぜ1に下がったのか、知人は要介護1なのになぜ自分が要支援なのかなど、納得をできない方は少なくないようです。特に、要支援2と要介護1では、実際に基準に大きな差がないということもあって、そうした声がよく聞かれるようです。

要介護と要支援を行き来することで、さまざまな問題がある

実際に、要支援2と要介護1を更新認定のたびに行き来する方も少なくありません。「問題なのは」、変更のたびに、ケアマネジャーが変更になったり、利用契約が必要になったりするため、利用者やその家族に余計な手間が増えてしまう点です。要介護認定は、再度審査をやり直してもらうこともできますので、問題があるようであれば再申請をするのも大切なことです。

 

 

以上が、介護保険の「要支援」と「要介護」の違いとなります。介護保険や要介護認定について、もっと詳しく知りたい方は、下記の関連記事もあわせてご覧ください。

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ