介護サービスの質が高齢者を支える

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

老人ホームの種類の違いを理解することが大切です。

 

本記事では「介護保険」における介護サービスをご紹介します。有料老人ホームや軽費老人ホームでは「介護サービス」は、「特定施設入居者生活介護」という名称で在宅サービスとして扱われます。食事や入浴などの入居者が毎日を快適に過ごすためのサポートだけではなく、日常生活を送りやすくするための機能訓練などが提供されます。

なお、こういった施設については下記の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひあわせてご覧になってみてください。

 

老人ホームの種類ごとの介護サービスの違い

有料老人ホームの主要なサービスである介護ですが、種類ごとに提供される内容は違ってきます。まずは、この点を押さえておいてください。

■有料老人ホームの種類

有料老人ホームには大きく3つの種類があり、それぞれで提供される介護サービスが変わってきます。

・介護付有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)

介護付きの名称の通り、要支援~要介護の方が入居する施設です。介護サービスは生活援助のみならず、入浴や食事、排泄など多岐に渡り、基本的に施設のスタッフが対応する形になります。ただ、同じ介護付有料老人ホームでも対応する要介護度によって、サービスもさまざまですので、しっかり確認することが大事です。

・住宅型有料老人ホーム

主に自立者か要支援の、介護度の軽い方が入居する施設です。基本的に自立した生活を送る方向けのサービスなので、サービスも見守りや食事といった生活援助が中心です。介護サービスは多くの場合、外部の事業者をそれぞれで利用することがほとんどです。

・健康型有料老人ホーム

住宅型と同じく、主に自立者か要支援の、介護度の軽い方が入居する施設です。元気な方が多いので、図書館やプールなど、レクリエーションの場が用意されています。介護サービスは多くの場合、施設に有料サービスがあるか、外部の事業者を使うことができます。

以上が、ホームの種類ごとによる介護サービスの大まかな違いです。ただ、施設の経営企業や施設ごとでも、細かいところはかなり異なっています。ある程度はWEBで検討をつけて、入居を決める際には実際に訪問してみることが大切です。

 

最初に考えること

まず最初に確認をすべきは、入居を検討している方の要介護度です。上記のように自立、要支援、要介護のどの段階であるかによって、選ぶべき有料老人ホームの種類は変わってきます。

介護が必要になった場合の対応は要確認

また、重要なのは、当初は自立状態で、入居後に要支援・要介護になった場合の対応です。そのまま居室にいられる場合もあれば、別室に移ることもあります。住宅型や健康型にの場合では退去しなければならないということも少なくありません。いずれにせよ、そうした時に対応がどうなるのか、料金面なども含めて確認をしておくことが必須です。この点については、下記でより詳しく説明をします。

入居者の方の要介護度は、ご確認ができましたでしょうか。それでは、次に、どの施設を選ぶにしても、ぜひともチェックをしておきたいに3つのポイントをご紹介します。

 

介護サービスのチェックポイント

介護サービスをみるときのポイントとして、下記の3つをご紹介します。

1. ケアプランが適切に作成されているか

・ケアプランとは

要介護認定を受けた人のために、介護保険を用いてどのようなサービスを受けるかを計画した書類のことです。有料老人ホームでは、入居者本人や家族の要望に配慮しつつ、それぞれに合ったケアプランを作成します。居宅サービス計画と施設サービス計画を設定して、それぞれ費用やスケジュール、支援の方針などを決める必要があります。

ケアプランについては、下記の記事にも詳しいので、あわせてチェックしてみてください。

・作成の基準

ケアプラン策定に際しては「ADL(日常生活の動作能力)」をもとにします。ADLは「Activities of Daily Living」の略で、食事、排泄、入浴など、自立して生活するために必要となる人間の基礎的な動作のことを意味しています。つまり、入居者の方をADLをもとにして評価をして、何をどこまでできるかをきちんと把握することが、良いケアプランには必要だということです。中でもケアプラン策定に際しては、下記の5つが中心的なチェックポイントになります。

  1. 介助なしで食事をできるか
  2. 衣服の着脱を1人でできるか
  3. 入浴を1人でできるか
  4. ベッドから起き上がり、階段の昇り降りができるか
  5. 洗顔、歯みがきを1人でできるか

それぞれの観点で、さらに細かい評価項目がます。

・施設の取組み具合を見る

以上がケアプランの概要です。老人ホームを決めるときには、こうしたケアプランを施設がどれだけきちんと制作しているかを確認する必要があります。例えば下記のような点があります。「ケアプランが正しくつくられているか」「ケアプランにそって介護サービスが提供されているか」「1人ひとりに適切な内容を策定してくれているか」

また、特に重要な観点として、「入居者」を人として見てくれているかという点があります。上記のADLはあくまで機能的な判断基準であって、それだけをもとにつくったのでは時に入居者の要望からずれてしまうことがあります。ですから、ケアプラン制作時にきちんと入居者の要望を聞いてくれる施設かどうかがとても大切です。

2. 損害賠償責任保険に加入をしているか

人が介護をする以上、常に事故などが発生するリスクは存在しています。実際のところ、リハビリ中の骨折、入浴時の転倒などといったことは決して珍しいことではありません。そうした時に、施設が損害賠償保険に加入しているかどうかは重要です。

保険に入っていない施設ですと、多額の賠償金を避けるために事故の責任逃れをされるでしょう。また、家族側としてもホームの不備を追求したくとも、訴訟になれば費用も時間もかかりますし、高いお金を払っている以上はなかなか文句を言いづらいという現状もあるようです。それが、施設がきちんと損害賠償保険に入っていれば、おおよその場合はそのようにならず、保険からお金が支払われて解決することが多いそうです。

ちなみに、アメリカでは家族から訴訟をおこされて事業から撤退せざるを得ないほどの損害を被った事例もあるそうで、この点は施設のリスク管理や危機意識を測る上でも重要な指標になると考えます。入居を検討の際にはぜひチェックをしてみてください。

3. 要介護など、介護が必要になった際の対応

有料老人ホームの苦情で1、2を争うほどに多いのが、この介護が必要になった時に予想外の対応をされたというものです。先述しましたが、特に住宅型や健康型などにおいては、医療行為が必要なった途端に転居や退去を要求されるということがあります。

病状の悪化は、例えば、

  • 持病が悪化することもあれば
  • 想定外の病気にかかること
  • 老衰が進み日常生活が困難になる

ということがあります。

入居者からすれば、もちろんそのような事態になりたくてなったわけではないので、この状況で転居や退去を求められるというのは、肉体的にも精神的にも大きなストレスです。悪くなっている病状をさらに悪化させてしまいかねません。ですから、入居をお考えの際には、この点については事前にしっかりとチェックをしておきましょう。

 

 

以上が、有料老人ホームを選ぶ時に見ておきたいチェックポイントです。介護は有料老人ホームで非常に重要な要素です。慎重に判断をしましょう。

サブコンテンツ