ケアマネージャーの仕事内容

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!

ケアマネジャーの仕事概要

ご訪問ありがとうございます。本記事ではケアマネジャーの仕事の概要を紹介しています。そもそもどういった職種なの?といったことから、もう少し具体的な仕事内容について、さらには利用者視点から良いケアマネさんを選ぶにはどうしたらよいかということを紹介しています。

なお、上記のイラストではケアマネジャーがどういった人たちと関わって、どのような仕事をするのかということを紹介しています。ざっと見て、仕事のイメージを浮かべてみてください。

【目次】

 

ケアマネジャーとは

ケアマネジャーという仕事の概要についてご紹介します。ケアマネの仕事を知るには多少の介護保険の知識が必要です。知っておきたいという方は、下記の記事もぜひご覧ください。

資格の概要

ケアマネジャーは正式には介護支援専門員と言い、「ケアマネ」という呼称が一般的です。 2000年4月から始まった「介護保険制度」 において、介護が必要になった人の多面的な相談にのるために生まれました。同じく介護保険制度で定められた「指定居宅介護支援事業所」に勤務しており、市区町村の介護窓口や地域包括支援センターで紹介をしてもらうことができます。なお、ケアマネジャーは介護保険財源から報酬が支払われておりますので、相談料については基本かかりません。

仕事内容

上述したように、主に介護が必要になった人の相談・支援をするのがケアマネジャーの仕事です。その内容は多岐にわたりますが、中心となるのは「ケアプランの作成」です。利用者がケアマネの在籍する「指定居宅介護支援事業所」と契約をすることで、はじめてケアマネジャーにケアプランの作成を依頼することができます。

ケアマネが提供する価値

一番は、介護保険の利用者と、その家族にとって「頼れる存在」ができたということです。介護保険成立(2000年)以前の日本では、家族だけで介護をすることが常識と考えられていました。特に利用者の妻や娘、といった女性が介護をすることが当たり前のように思わえれる部分もあり、多くの人が苦労をして、時に孤立無援のような状況に追い込まれることもありました。

そういった人たちにとって、介護について頼ることのできる存在、ケアマネジャーという人がいることは大きな安心材料です。また、技術的な面においても、素人がやるにはどうしても限界があります。このように、一部の人に負荷がかかる状況を避けるため、また介護サービスの質の向上という観点からも、ケアマネジャーという職業には確かな存在価値があると言えます。

 

ケアプランとは

ケアプラン

ケアマネジャーの主な仕事の1つであるケアプランについてのご紹介です。ケアプランとはその名の通り、どのような介護ケアをどういったスケジュールで受けてもらうかという計画のことです。上記のように、日々どのようなサービスを受けるかを指示するものです。

ケアプランについては、下記記事でもご紹介をしています。ぜひあわせてご覧になってみてください。

ケアマネ業務の概要とケアプラン作成事例

概要

上記のように、ケアマネジャーのメインの仕事は「ケアプランの作成」です。別名、介護サービス計画と言います。計画という名称の通り、1人の介護保険利用者が1ヶ月間でどのように介護保険を用いて介護サービスを受けるかを記した書類となります。利用者の要介護度で決められた「支給限度額」を超えると自費になってしまうわけですから、ケアプランで有益なサービスをいかに効率的にうけるかを考えることはとても大切です。ここはケアマネジャーの腕の見せ所でもあります。

作成の流れ

ケアプランは大まかに下記の流れで作成されていきます。

  1. 指定居宅介護支援事業所との契約
  2. アセスメント
  3. サービス担当者会議(カンファレンス)
  4. モニタリング
  5. サービス利用票の確認
  6. 次月に続く

各項目について、下記で簡単に紹介していきます。

1. 指定居宅介護支援事業所との契約

上述したようにケアプランを作成してもらうためには、まず「指定居宅介護支援事業所」と契約をする必要があります。指定居宅介護支援事業所とは、要はケアプランの作成等を行う専門の事業者さんのことです。ケアマネさんの会社というイメージでよいと思います。実際、指定居宅介護支援事業の資格は低費用で取得できるため、実際、ケアマネさん数人の会社ということも珍しくはありません。

評判のよさそうな指定居宅介護支援事業所を見つけたら、ケアマネジャーを選定します。役所の介護関連窓口で聞けば地域の事業所を紹介してくれますし、インターネットで気になるところを探してみてもいいでしょう。

2. アセスメント

次に利用者や家族がどのような状況にあるかをヒアリングで確認します。心身の状況や生活環境、さらには利用者の性格や好き嫌いなど、適切なサービスを提供するために、さまざまな質問をします。ここがケアプラン制作の中心であり、ここで定められたことをもとに計画が練られていきますので、いかに利用者の現状を明確にできるかがとても大切です。

抜け漏れが出ないように、また客観性を保つために、質問内容は厚生省がまとめた「課題分析標準項目」が用いられます。例えば下記のような項目があります。

・基本情報に関する項目

  • 受付、利用者等基本情報
  • 生活状況
  • 現在利用しているサービスの状況
  • 障害老人の日常生活自立度
  • 認知症である老人の日常生活自立度

など

・課題分析(アセスメント)に関する項目

  • 健康状態
  • ADL
  • IADL
  • 認知
  • コミュニケーション能力

など

3. サービス担当者会議(カンファレンス)

そうして、ケアプランが設定されると「サービス担当者会議」と呼ばれる打合せを行います。出席するのはケアマネジャー、介護サービス関係者、主治医、利用者と家族です。ケアプランに書かれていたことと違う内容になってはいけないので、そこできちんとすり合わせをする必要があるのです。本人や家族はそこで決められた内容に納得できるようであれば、署名・捺印をします。これでようやくサービス開始の準備が整います

なお、ケアプランの内容は、「長期的な目標」「短期的な目標」の二本柱になります。それらをもとに月単位、週単位、1日の課題を整理し、具体的なプランを作成します。利用者の生活パターンに合わせて、訪問介護やリハビリ、生活支援などのスケジュールが書き込まれているのです。

4. モニタリング

モニタリングとは、ケアマネジャーが1ヶ月に1回、利用者のもとを訪問して、状況を確認することです。現状の介護サービスで問題はないか、追加のサービスは必要ないか、何か変わった出来事はなかったかなどをチェックします。

サービスの質向上には大切なことであり、基本的には実施しなければなりません。ケアマネジャー任せにしてしまいますと、どうしても「こういう状況ならこうしたサービスが常識」というような感じで、形式的なサービス提供になってしまいがちです。利用者側としては素人の目線として質問や、要望をぶつけていくことが大切です。

以上の内容を踏まえて、ケアマネは次月の計画を策定(再アセスメント)し、利用者と家族に「サービス利用票」を合意を得ることで、次月にもサービス提供をしていきます

質の高いサービス提供のためには、こうしたPDCAが欠かせません。もし介護サービスに納得がいかなかったら、サービス事業者の苦情相談窓口、サービス事業者自体に不満があれば市区町村の相談窓口に問い合わせるのがおすすめです。

5. サービス利用票の確認

サービス利用票とは、居宅サービスの計画と実績が記された書類で、これをもとに利用者さんへのサービス提供を管理します。カレンダー形式の書類で、今月にどれくらいどういったサービスを提供したかを確認することができます。正確に記入するために、サービス提供後はきちんと実績に記入することが大切です。

 

このように、ケアプランというのは、利用者にとって非常に重要です。それだけに、質の高いケアプランを作成できるケアマネジャーを探すことがとても大切になります。次は、どうやったら良いケアマネさんと出会えるのか、どういったポイントに気を付けて探せばよいのかを紹介します。

 

よいケアマネ選びのチェックポイント

チェックリスト

良い介護サービスを受けるには、良いケアマネジャーさんが不可欠です。どのようにして、優れたケアマネジャーさんを選ぶか、4つのポイントをご紹介します。

1. 経歴や資格など

ソーシャルワーカー、訪問看護師、保健師などの経験がある方であれば、スキル面、熱意面でも信頼することができます。

2. 個人としての性格、人格、資質

理想としては長期間付き合えることが望ましいので、本人や家族と人間的に相性が合うか重要です。また、利用者の意見や要望をきちんと聞いてくれたり、家族にサービス内容を丁寧に説明してくれるなどというのも、判断の基準になります。

3. 人脈

特定の事業所内だけで働いている人よりも、他の事業者やフリーのケアマネジャー、またさまざまな企業とのつながりを持っているような人のほうが望ましいと考えます。介護技術が高いだけでは、時に室の高いサービスを提供することはできません。外とのつながりを持っていることが柔軟な対応につながります。

4. 周囲の評判

ホームページや市区町村からの紹介では、どうしてもリアルな内容を知ることはできません。実際にサービスを受けた人、その家族からの評判を聞いてみて、良かったと言われるところは信頼してもよいでしょう。

以上4点が良いケアマネジャーさんを選ぶ時にチェックしたいポイントです。これらは何もケアマネジャーに限ったチェックポイントではないとも思います。どのような職業の方であれ、人を判断する基準というのは似ているものなのでしょう。

セカンドオピニオンの活用

そう考えると、上記ポイントを意識しながら、あなた自身がケアマネジャーをこの人なら信頼できると思えるかどうかが、判断の際は大切になるでしょう。専門的な知識が欠けているので、ケアプランの良しあしが判断できないといった場合は、地域包括支援センターや、別のケアマネさんにケアプランの妥当性を判断してもらうということが有効でしょう。

 

懸念される2つの問題点

以上のように、ケアマネジャーという仕事は、介護保険の運用には欠かせない仕事です。しかしながら、制度開始から10年が過ぎ、ケアマネジャーという職種が抱える問題点も指摘され始めています。代表的な問題として下記の2つがあります。

1. ケアマネジャーの質の低下

日本のケアマネジメントのしくみは、欧米の制度がもとになっています。それにならって、看護師や社会福祉士などの他職種の人たちも、制度の骨子を支える役割を担おうと、積極的にケアマネジャーの資格取得に取り組みました。しかしながら、それから10年以上過ぎた今、ケアマネジャーに占める看護師と社会福祉士の比率は低下してきている。現在では、ケアマネージャーの多くが介護福祉士が占めるようになっています。

そのせいか、最近のケアマネージャーは医療関連の知識の希薄さを指摘されることが少なくないようです。それはつまり、医療系サービスがケアプランに適切に追加されないということを意味します。また、ケアマネジャーが、介護保険制度以外の福祉制度などに関する知識が不十分で、その他のサービスを適切に使えていないという問題点も指摘されています。

いずれも、看護師や社会福祉士出身のケアマネジャーが減ったこととは無関係ではないでしょう。利用者に適切なサービスを提供するためには、上記の医療知識や介護保険制度以外のサービスも不可欠です。現在のケアマネジャーがより一層勉強することはもちろん、看護師や社会福祉士に興味を持ってもらえるような職種となることがとても大切になってくるでしょう。

2. 福祉用具サービス事業者との癒着が疑われている

2つめの問題点として、福祉用具サービス事業者との癒着が近年よく指摘されるようになっています。福祉用具・補助器具を発注する際に、懇意にしている業者を優遇するケースや、悪質な場合には祉用具に関わる点数を、他のサービスに充当することで、自身の収益としてしまうようなこともあるそうです。

こうした業者との癒着というのは福祉用具に限ったことではなく、解決は簡単なことではないのかもしれません。ただ、医療系サービスを医療保険にもどしたり、福祉用具サービスを介護保険外とするようなことができれば、そういった可能性はあるのかもしれません。また、何よりケアマネジャーが今以上に誇りを持てる仕事になり、1人ひとりの技量・知識・信念が改善されていくことが何より望ましいのかもしれません。

なお、福祉用具について基本的なことを知りたい方は下記の記事をごらんください。

 

 

以上が、ケアマネジャーのしごと内容に関する概要です。

当サイトでは、介護保険全般に関する話題や、老人ホームについての情報を提供しています。ぜひ、下記の関連記事を合わせてご覧になってみてください。お読みいただき、ありがとうございました。

サブコンテンツ