老人ホームを選ぶ時に役立つ、おすすめの検索比較サイト4点

お役に立てたら、シェアしていただけると嬉しいです!


老人ホーム探しを検討する女性

老人ホームを探すということはたいていの場合、急な出来事です。まさか自分の両親がこんなに弱っていたとは、歳をとっていたとはと、転倒や軽度の認知症の診断を経て、多くの方がそう思うようです。本記事では急に老人ホームを探す必要性が出てきたという方のために、どうやったら最適な老人ホームが見つかるか、その方法をご紹介します。

 

老人ホームってどうやって探せばいいんだ?

それでは、まずは老人ホームの正しい探し方、選び方にを考えます。

老人ホームさがし

冒頭で述べたように老人ホームを探す必要が出てくるときというのは、たいていは急なタイミングです。ほとんどの人が何も準備をしていない状態で直面してしまうので、焦り・戸惑い・迷いが生まれるのです。そんな時、誰もが真っ先に考えるのが、

  1. 老人ホームっていうけど、どこに入れればいいんだ?
  2. 介護施設にはたくさん種類があるけど、サービス内容はどう変わるんだ?
  3. 費用はいったいどれくらいになるんだ?
  4. 老人ホームよりも在宅のほうがいいのか?
  5. 家族で世話をするというのは無謀なのだろうか?
  6. 自分たちに最適なホームの選び方はあるのだろうか?
  7. 弱った両親が前のように元気になる方法は本当にないのだろうか?

といったようなことです。こういった質問が一気に頭の中を駆け巡ったのではないでしょうか?

最適な老人ホームを見つけるための正しい5ステップ

順序を追って老人ホームを決定する

そこでここからは、どうやって自分たちにとって最適な老人ホームを見つけるのか、そのための具体的な流れを考えていきます。

1. まずは落ち着くこと

まずは落ち着くことが一番です。急な事態に混乱して、ろくに調べもせず、家の近くだから、安いからと施設を選んでしまうのは非常に危険です。老人ホームへの入居は決して安い買い物ではありません。気に入らなかったから気軽に違う場所にするというのは、よほど潤沢な資金がない限りはできません。ですから、焦る気持ちを抑えていったん落ち着きましょう。

2. 専門家の話を聞こう

そうしたら、まずは現状について「プロに相談する」のがオススメです。自分で考えることも大切ですが、介護について十分な知識がないのに1人で考えてしまうと、1人で悩みを抱えてしまうことになりかねません。

ただし、本当に一刻を争うほど急いでいるということであれば話は別です。当記事の後半では、「老人ホームの資料請求や施設見学を無料でできる検索サイト」をいくつか紹介しています。それらに登録をして、お住まいのお近くの施設を探してみましょう。その際に事情をきちんと話して相談すれば、適切な施設や入居についてのヒントを聞くことができるはずです。急ぎの場合には、上記のような方法で施設を探すというのも1つの方法です。

ちなみに、お住まいの地域には「地域包括支援センター」と呼ばれる、地域の人の介護についての悩みを聞く場所があるはずです。場所がわからなければ、自治体のホームページをご覧になったり、電話をするなりして確認してみましょう。そこで今後どうすべきなのか、どういった選択肢があるのか、全体像を教えてもらうことが第一だと考えます。

3. 自分でも介護について勉強をする

そうは言っても、すべてを人任せにしてしまっては、いざどこの施設がいいのかを考えるときに決められません。また、他の人の言いなりにならざるをえないという状況にもなりかねません。ですから、自分自身でもきちんと勉強することが大切です。

その点については下記で参考書籍を紹介しています。また、当サイトではいざ老人ホームを選ぶことになった時に、考えておきたいことを6つのポイントにまとめています。そちらも下記記事にまとめていますので、併せてご覧になってみてください。

さらに、書店に行けばたくさんの介護に関する書籍がありますし、ネット上でも役立つ情報を得ることは可能です。基本的には書籍がおすすめですので、ぜひ上記の記事も参考に、数冊だけでも本を買ってみてはいかがでしょうか。

4. 自分たちにとって優先すべきことを明確にする

上記のように、専門家から話を聞いたり、自分で調べていくと、徐々に「どんな介護施設があって、自分たちに適しているのはどこなのか」ということが見えてくると思います。ここではメインとして老人ホームを中心に話していましたが、介護施設全般を見ると下記記事のように老人ホーム以外にもたくさんの選択肢があります。

さまざまな介護施設の種類

このような多種多様な施設の中からどこが適切かが見えてきたら、ようやく各施設を具体的に比較するタイミングになります。その際に重要なのは自分たちがどこを重視するかです。費用なのか、自宅からの距離なのか、施設の設備なのか、これも本当にたくさんの基準があります。その基準のとして7つのポイントを下記記事で紹介しています。基準選びに悩みましたらご参照になってみてください。

老人ホームを決める7つのポイント

5. 無料の資料請求・施設見学をしよう

ご本人とご家族の間で、どういった施設に、どういう基準で入るのかということが明確になったら、あとは「どこに決めるか」を模索する段階です。介護施設に限った話ではありませんが、その際に重要なのは自分たちの目で見て、ここなら良さそうと思った場所にすることです。

その際に役立つのが「無料の資料請求や施設の見学」です。実際に行ってみることで、この施設ならこの先暮らしたいと思えるですとか、両親を安心して預けられるということがわかるはずです。時間を工面することは手間ではありますが、ここをしっかりすることで後の満足度は大きく上がるはずです。焦る気持ちを抑えつつ、しっかりと時間をかけることをオススメします。

それでは下記では、具体的にどうやってお住まいのお近くの施設を探すのか、その方法についてご紹介します。

 

老人ホーム検索比較サイトで気になる施設を探してみよう

さて、上記のように老人ホームさがしの方針が大まかに決まって実際に探し始める時に役立つのが、いわゆる「老人ホーム検索比較サイト」です。

スマートフォンで老人ホームを探す女性

全国各地の老人ホームをまとめてくれているサイトがたくさんあります。それらを使って、自分の条件によって絞り込んでいけば、いくつもの施設が見つかるはずです。

こうしたサイトのメリットというのは、お住まいの近くの施設を簡単に一覧視できること、そして下記のように資料請求や施設見学を無料で申し込めるという点です。

資料請求もサイトの会員登録も無料!まずはお試しで登録を

自分たちにあった介護施設を見つけるには、まずはできるだけ多くの施設を実際に見てみることが大切です。その際には、どんどん施設のパンフレットを取り寄せてみることをオススメします。百聞は一見にしかずというように、まずはその施設の魅力やコンセプトを知ることが大切です。たくさんの施設に触れて、ぴったりの老人ホームを見つけてください。
老人ホームを知るには、まずは資料請求をするのがおすすめです。

ちなみに、まだ具体的に探す段階にはないという人も、まずは無料の会員登録をしておくのがおすすめです。会員になっておけば、さまざまな場面で介護に役立つ情報を手に入れることができます。介護、特に施設情報はその動向を早めに知っておくで後々役立つことが多いからです。

 

おすすめの介護施設検索サイト・ランキング

それでは、本記事では老人ホームを探す時に役立つサイトをご紹介します。それぞれのサイトで強み・弱みがありますが、どのサイトも会員登録、資料請求とも無料ですからいろいろと登録をして、比較をしてみるのがオススメです。まずは各サイトに無料登録をしてみて、ぜひ各サイトの使いやすさや、各施設の資料をいろいろと見比べながら、良い施設を見つけてください

1位 株式会社ネクスト「HOME’S介護」

まず、最もオススメなのが「HOME’S介護」です。有名な大手サイトですから、ご存知の方も多いはずです。HOME’Sというブランドネームで他にも賃貸マンションや新築住宅、注文住宅などなど、住まいに関わる様々な情報が発信されています。

運営会社は株式会社Lifull Senior(ライフル シニア)です。もともとは親会社でHOME’Sを運営している株式会社ネクストがやっていたはずですが、より専門的に情報を発信するために今は子会社が担当しているのでしょう。聞いたことがないから不安に感じるかもしれませんので、HOME’Sの会社ですからご安心ください。


HOME’S介護の魅力は下記の3点です。

  • 使いやすいサイトNO.1!
  • 豊富なコンテンツ!
  • 豊富な検索軸!

大手企業が運営するサイトだけあって、施設の登録数や機能の豊富さは他を圧倒しています。また、ネット調査で「使いやすいサイトNo.1」を獲得しており、はじめての方に特にオススメしたいサイトです。検索サイトが4つもあって困るということであれば、まずはこのHOME’S介護だけでも十分です。1つのサイトをじっくりと見て、たくさん資料請求をして比較をしてみるというのがおすすめです。

2位 株式会社メディカルリソース「探しっくす」



  • 充実の取材レポート!
  • 用語集ダウンロード可能!
  • 役立つ見学チェック表!

他サイトにはない「取材レポート」で、ホームのリアルがわかるのが魅力です。また、運営会社が日本調剤グループの医療人材サービス企業であるため、信頼度抜群!安心して利用することができます。もう1つ、サガシックスの大きな魅力は、「探しっくす入居相談室」というコンテンツがあり、そこでなんと「無料」で、老人ホーム入居についての相談をできるところです。上述したように、ご自身で勉強してもどうしてもわからないところや、専門家に意見を聞きたいところって出てきてしまうものだと思います。そうした時に、サガシックスはとても強い味方になってくれます。ぜひ、会員登録をされて、各機能について一度お試しになってみてください。

3位 株式会社ケアプロデュース「老人ホーム・介護施設紹介センター」

相談員さんとじっくり話したい方におすすめ!
訪問相談、見学・体験入居・契約時の立会いが可能!(他サービスは基本的に電話です)


  • 相談員の手厚い支援!
  • 老人ホーム以外も探せる!
  • 関連事項の情報満載!

介護業界経験者の相談員による訪問相談や見学立会いなどがあるのが強みです。色々なことを相談したい人にはピッタリです。また、有料老人ホーム以外のデイケア、特養なども調べられるのが嬉しいところです。他にもセミナーや訪問でのリハビリマッサージの実施、ケアプロなびという無料情報誌があったりと、介護に関する情報を幅広く調べることができます。上記2つとは異なったサービスやコンテンツもありますので、ぜひ、登録しておきたいサイトの1つです。

4位 株式会社エス・エム・エス「かいごDB(介護DB)」


  • 東証一部上場企業が運営!
  • 相談コーナーで疑問解決!
  • 老人ホーム以外も探せる!

株式会社エス・エム・エスは東証一部上場の介護系リーディングカンパニーです。かいごDB以外にも、介護の資格や転職に関するサイトを多数運営していますので、扱う情報の質の高さはピカ一です。特にこの会社はカイポケと呼ばれる介護施設向けのソフトも販売しております。何が言いたいかというと、利用者・利用者家族と介護事業所、その両方にサービスを提供しているからこそ、それぞれの思いやニーズに汲んだサービスが提供されます。これは大きな魅力でしょう。

 

 

以上が、オススメの老人ホーム検索サイト4点です。

実際に入居する施設を決める前に、こうした施設の概要について知りたいという方は、下記の記事をご覧ください。

また、下記の関連記事では介護保険の基本的な情報の記事をご紹介しています。こちらも、ぜひあわせてご覧になってみてください。

サブコンテンツ